入社9ヶ月で新店立ち上げメンバーに選出!やる気さえあればやりたいが実現できる場所。

こんにちは、染木です。

私は現在旭川医科大学病院敷地内に開局した旭川医大店にて勤務しています。旭川医大店は12月1日に開局したばかりの新店舗で、実は私もプロジェクトメンバーに選んでいただき、開局の立ち上げ準備から開局まで業務に関わることができました。

今回は新店舗の立ち上げからオープンについて私が経験した業務内容についてご紹介したいと思います。

新店舗立ち上げ準備では具体的にどんな業務を行うの?

私は新店舗準備開始後1週間経過してから、現地入りし準備に参加しました。初対面の先輩方も多く少し緊張しましたが、皆さんとっても優しくてすぐに馴染むことができました。

先輩から開局までのスケジュールや作業内容を教えていただき、準備では医薬品の搬入、薬品棚のバーコード作りや、備品の整理などを行いました。今までは出来上がった店舗で調剤業務がメインでしたが、立ち上げ現場に入ると「こうして店舗が出来上がっていくんだな」と改めて感心することばかりで、とても勉強になりました。オープンの2日前には、内覧会も行われ、患者様や旭川医大の薬剤部、医師の方などたくさんの方がいらしてくれました。多くの方の注目をあびている薬局であることを改めて感じ、身が引き締まる思いになりました。

心機一転となる機会となったと思いますが、今後の抱負をお願いします!

初めていらっしゃる患者様が大半なので、患者様に信頼されて、継続して利用いただけるよう、今まで以上によりよい対応を心がけていきたいです。有り難いことに、オープンしてからは徐々に来局数も増えてきています。職員全員で改善点など情報共有しながら、よりよい店舗をみんなで作りあげていきたいと思います!

最後に…染木さんは地元への異動となりましたがどんなお気持ちでしょうか?

旭川は地元で、高校卒業以来約6年ぶりに戻ってくることができました!地元ということもあり、すごく落ち着いた環境で生活ができています。旭川は駅周辺の街中などここ数年で大きく変化して、新しい商業施設がたくさんできています。これから美味しいごはん屋さんや、居酒屋を見つけていきたいと思います。

REALVOICE

入社したばかりの薬剤師によるリレーブログ。 入社したばかりだからこそ聞ける「本音」を毎月更新中! ナカジマ薬局のウラ側を知ってみよう!

0コメント

  • 1000 / 1000